住宅デザインは自分勝手にやるべき理由

2020/05/2015:16300人が見ました

突然ですが、

世の中には自分勝手にやってはいけないことと、自分勝手にやらなければならないことの2種類があるのです。

例えば、大きなテーブルをみんなで協力して運ぶとき、誰かが勝手にやれば力のバランスが崩れてテーブルを落としてしまうでしょう。

これは自分勝手にやってはいけないのです。

では、魚釣りだったらどうでしょう。みんなで協力して釣竿を持っていたらどうなりますか?

その状況を想像しただけでもおかしいですよね。

 

 

魚を釣るためには釣竿は自分一人で持たなければなりません。

もちろん初心者であれば経験者のアドバイスは聞くべきです。

しかし、魚が釣り針にかかった感触は自分にしか分からないのです。

釣りの腕が良かろうが、そうでなかろうが、最後まで自分を信じてやり遂げなければならないのです。

ここまで話をすればみなさん気づいたでしょう。

住宅デザインも釣りと一緒なんです。

自分勝手にやらなければ結果が出ないのです。

お客さまの気持ちや諸条件の微妙な反応を見ながら、自分を信じて自分のバランスでデザインしなければなりません。

仮に初心者であっても、人のせいにして住宅デザインをすることが最もよくありません。

どんなことがあっても自分でやる。

「自分勝手にやる」ぐらいの覚悟がなければ良いデザインは生まれないのです。

 

ルスカデザイン 和氣正頼

https://www.ruska-design.com/

一覧へ戻る