フラット35の金利予想【2022年7月版】

2022/06/2316:38329人が見ました

    毎月1日に発表される住宅ローン金利。

    当月にならなければ正確な金利はわかりませんが、「どうにかして来月分の金利を予想し、お客様にお伝えできないだろうか」と考える建築事業者様も多いはずです。

    世界中がインフレ傾向にあるため、金利の上昇は避けられないかもしれませんが、さて、来月のフラット35の金利はどうなるのでしょうか。

    今回も、住宅事業に長年携わり、住宅ローンに精通する石川 仁健が、フラット35の金利予想を行います!

     

    7月金利が大幅に上昇する可能性は低い!

    7月金利は、フラット35・フラット20ともに今月と同じ金利で落ち着く可能性が高いといえます。

    それぞれ、1.49%・1.36%と予想しました。

    7月金利予想

     

    金利予想理由

    こちらの金利を予想する際に活用した資料は、住宅金融支援機構が毎月発表している「貸付債権担保住宅金融支援機構債券」になります。

    「フラット35」の金利は、この機構債の金利をベースに、住宅金融支援機構と、フラット35を販売する金融機関の利益分の金利を上乗せして決定されます。

    ここで重要なのは、機構債に示されている「表面利率」であり、前月と今月の表面利率の差が、翌月の金利に反映される可能性が高いといわれています。

    例えば、前月の表面利率が0.36%、当月の表面利率が0.3%の場合、その差は0.06%なので、来月のフラットは今月と比べて0.06%低い金利になる、といった具合です。

    こちらを2022年7月の金利予想に当てはめると、

    表面利率の差

    比べると表面利率の差がないため、来月のフラットの金利は20年と35年それぞれ1.36%・1.49%と予想される、という仕組みです。

    先月の表面利率の差は0.00%でしたので金利据え置きかと思いきや、実際の金利は0.01%金利が上昇しました。

    ですから、来月の金利も、0.01〜0.03%くらいの差が出る可能性があります。

     

    住宅ローンは今後どうなる?

    昨年2021年6月のフラット35の金利は1.35%でした。

    そして、今年の6月金利は1.49%。

    比較すると、今年は去年に比べ0.1%以上も金利が上昇してることになります。

    世界の情勢を見ていると、日本のインフレは比較的ゆっくりだといわれていますが、住宅ローンは融資額が大きいため、0.1%違うだけでも金額が大幅に変わってしまうため侮れません。

    今後もインフレは続いていくことが予想されます。

    当然、住宅ローン金利にも間違いなく影響を与えることでしょう。

    こういった場合、建築事業者様が気をつけなければいけないのは、お客様に事前にきちんと金利上昇の可能性について説明しておくことです。

    なぜなら、金利がお客様が想定している金利よりも大幅に上がってしまった場合、お客様からのクレームにつながる可能性も十分に考えられるからです。

    そういったトラブルを防ぐ意味でも、お客様に住宅ローンをご案内する際は、ご案内時と融資実行時の住宅ローン金利に差が出てしまう旨を事前にきちんとお伝えするようにしましょう。

     

    いえーる ダンドリで業務の効率化を!

    弊社では、工務店様が行う住宅ローン業務を代行して行うサービス、「いえーる ダンドリ」を提供しております。

    メガバンクから地方銀行、信用金庫など300社以上の金融機関と提携。お客様の与信力に合わせ、最適なローンを選定します。

    「いえーる ダンドリ」を導入していただくことで、これまで住宅ローン業務に割いていた時間を大幅に削減することが可能です。

    工務店様の売上アップ、業務効率化を応援します!

    https://dandori-mortgage.iyell.jp/basic

    一覧へ戻る