ごあいさつ

2019/08/0217:15294人が見ました

はじめまして。

羽畑叔明(はばた よしあき)と申します。

 

 

今回、ご縁あって「提案力を磨くインテリアコーディネート術」というルームで記事を書かせていただくことになりました。

お客様にとって一生に一度あるかないかの家づくりをお手伝いするインテリアコーディネーターさんやプランナーさんの一助となれば幸いです。

 

 

                                                             N's house LDK by house-craft 2017.12

 

 

私はハウスクラフト株式会社でコーディネーターとしてお家のスタイリングをさせてもらっています。

これまで様々なご要望にお応えしながら、そのお客様だけのオンリーワンのインテリアを作ってまいりました。

色々経験させてもらってきた中で、どのお客様にも言えることがあります。

 

 

お客様は「提案を待っている」ということです。

 

 

 

お客様は「こんな感じにしたい。。。」「あんな感じにしたい。。。」

とイメージはあるものの、具体的な形の想像はできないんですね。

(中には稀に寸法指定、素材まで指示をくださるお客様もいらっしゃいますが、、)

 

さらに、

 

奥様「こんな感じにしたいけど、、私たちの想い描く雰囲気に合ってるのかしら?」

ご主人「かっこいい感じにしたいけど、、奥さんはかわいいのが好きだし。。どうすれば?」

といった感じで「漠然としたイメージ」と「そのイメージ同士のバランス」をお求めになられます。

 

 

そんなふわっとしたイメージを具現化することがコーディネーターのお仕事だと考えます。

どんどん提案してお客様のイメージを形にしていくことこそが満足度を高め、信頼へとつなげていくのです。

 

 

では、どのようにして提案していくのか。。。

次回からは具体的な提案方法や実例なども含めてお伝えできればと思います。

 

 

次回「提案するなら、TVボードから!」

一覧へ戻る