自分らしい色探し! 〜ご提案するにはまず自身から〜

2022/03/1712:5899人が見ました

みなさま、こんにちは。

LoIRO.(ロイロの鈴木あゆみです。

https://www.loiro.jp 

 

建築『色』知識、

本日は

 

「自分らしい色探し! 〜ご提案するにはまず自身から〜」

 

ということで、シェアさせて頂きます!

 

 

昨今、”お家時間”がより一層重要視されるようになってきていますよね。

現在起きている様々な状況の中で、

日常生活がいかに大切であるかを感じている方も多いことと思います。

 

私たちはお客さまに、素敵な住まい、安心して暮らせる住まい、をご提案するという、

大変意義のある仕事をする中で、

 

インテリアコーディネーターでなくとも

生活の中で溢れている「色」についての知識や感覚を養っておくことは

損にならないどころか、この”心の時代”において、大変重要なことでもあります。

 

以前、私のブログで、

「色を使ってなりたい自分に!?」

( https://www.loiro.jp/2021/02/18/色を使ってなりたい自分に/ )

 

をシェアさせていただきました。

これは、色を”心の栄養”とみなして洋服や小物などで身につけてみよう、ということで

色彩心理の観点からカラーチャートを作り、

簡単な色診断で遊び感覚でマイカラーを辿れるようにしました。

 

ご興味のある方はぜひこちらも試してみてください!

 

 

今回の

住空間においての「自分らしい色探し!」については、

壁紙や家具は日々取り替えられるものでも無いので、

その空間でどのように過ごしたいか、ということから徐々に絞っていくと良いと思います。

もちろん、”好きな色” から考えていく、という事でも良いのですが、

本日は、より心理的にどう過ごしたいか、に重点を置いてみたいと思います。

 

では以下、

まずご自身で試してみてください!

 

まず質問 一つ目。

 

①そのお部屋は、アクティブ(賑やかに)過ごしたい部屋ですか? 

 

 

 

 

”YES!”という場合には、

 

目立つ色をアクセントとして入れてみてると空間が際立ち賑やかに

明るく楽しく過ごせる空間になります。以下のような具合です。

鮮やかで目立つ色たち、見ていてスッキリとするような色群です。

 

 

 

 

⇨ ”NO!” という場合、

 

つまり、「賑やかにというよりはくつろぎたい」という場合には、

 

下のような柔らかい色合いから基本、選びます。

(実際に壁紙はこの優しい色合いが一番多いですね。)

 

 

そして、くつろぎたい方にさらに質問です。

 

 

②そのお部屋は、皆でゆったり過ごして語らうような雰囲気にしたいですか? 

 それとも、静かに、一人でくつろいだり、考えたり、ゆっくり過ごしたいですか?

 

 

⇨「皆でゆったり過ごして語らうような雰囲気」という場合、

 

上記のような優しいトーンかつ、以下のような色みがオススメです。

 

 

 

「暖色」という温かみを感じる色は、”外向の色” と言われており、

皆で過ごす空間や食事空間にオススメです。

一部、”青緑(ターコイズブルー)”も、黄みが入った色なので、

明るく和やかに過ごせる空間を生み出せます。

 

 

一方、

⇨ 「一人でくつろいだり、考えたりしたい」という場合、

 

優しいトーンかつ、以下のような色みがオススメです。

 

 

「寒色」という冷たさを感じる色は、”内向の色” と言われており、

静かにゆったりくつろいだり、自分の趣味や仕事や作業、そういった自分の世界に入り込むような

空間に適していたりします。

また、都会的なクールさや洗練さを出すのにも適した色です。

 

 

柔らかい色みを使用する場合には、

小さい面積のアクセントというより、

現在は壁全体や2面ぐらいに使用した方がセンスアップできます。

 

 

以上の事から、基本的に使用するトーンや色合いを決めていき、

さらに、好きな色や家具の色、好きなスタイルとの関係性から決定していくと、

「自分らしい色」を探していけるかと思います!

 

 

本日はベーシックかつ大切な

「自分らしい色探し! 〜ご提案するにはまず自身から〜」

についてシェアさせていただきました。

 

 

以上、

LoIRO.(ロイロ鈴木あゆみでした。

 

 

 

一覧へ戻る