ANDPAD ONE ~チカラボ出張版~ Vol.2 デジタル浸透にお悩みの方必見!システム浸透を会社一丸でプロジェクト化〜ANDPAD推進会を発足し短期間で浸透成功〜

2022/05/1010:1311人が見ました

はじめに

 「ANDPAD ONE チカラボ出張版」と題して、チカラボ読者の皆様に向けてANDPADのユーザー限定コンテンツを一部ご紹介していきます。
 第一回目の今回は、従来利用していた基幹系システムと施工管理システムからANDPADに一括システムリプレイスを実現されたリブウェル株式会社様の事例をご紹介いたします。

新しいシステムを導入して変化を実感するまでのハードル

 慣れ親しんだ業務システムから新しいシステムに移行する際にはストレスがどうしても生じてしまうもの。従来のやり方からなかなか変えることができなかったり、時には社員からの反発も。新しいシステムを利用する裏には常に達成したい目標や乗り越えたい課題があると思いますが、社内の共感を得られないことには掲げた目標を達成することは難しくなってしまいます。

 それだけに、慣れ親しんだ業務システムから移行する際に生じるストレスに対して、会社としてどのように向き合い、変化を楽しめるように社員やパートナーに伝えていけるかが、DXを進めるための極めて重要な要素です。

 今回ご紹介するリブウェル株式会社様は、旧来の基幹システムや別の施工管理システムで生じていた”負”を解決するべく、ANDPADに一括システムリプレイスを決断。しかし社内の足並みが揃わないことで移行後1年程度経過してもなかなか期待した変化を実感することができずにいました。

 そこで同社では、社長と各管掌業務のリーダー達が立ち上がり、ANDPADの利用に本気で取り組むプロジェクトを立ち上げられました。全社一丸となれる会社としてDXに取り組む目的を明確に言語化され、それを具体的なスケジュールとアクションに落とし敢行され、見事短期間でプロジェクトで掲げた目標をすべてクリアされました。

〜前編〜顧客と社員の体験向上のためにANDPAD推進会を発足

 

リブウェル株式会社様について

リフォーム業をサービス業と捉え、専門知識・資格をもったスタッフがお客様に寄り添い、水廻りフォームを中心に外壁・屋根リフォームも手掛け、高い提案力と技術力で、お客様に「感動」を与えるリフォームを提供している同社。2019年2月からANDPADを導入。

ANDPADの運用浸透のための推進会を発足

 導入後、社内外でのANDPADの運用が浸透しないことに課題を感じていた同社は当初のANDPAD導入の目的でもある「顧客と社員の体験価値のさらなる向上」を目指し、2020年8月に社長と各業務管掌の実務リーダーで構成されたANDPADの活用推進を担うANDPAD推進会を発足。現場での運用を更にワンステップ進める体制を整えていきました。

7つの目標を掲げてANDPAD運用を推進

ANDPAD推進会では以下の7つの目標を掲げ、各リーダーが責任をもって実現に向けて動いていきました。

ANDPAD推進会の取り組みの結果・・

 ANDPAD推進会の各リーダーたちは、自社の社員のみならず、取引先のパートナーの方々まで、実際にツールを使用する全ての実務者にとことん向き合い、寄り添いながら不安や疑問を愚直に解消していきました。

 この丁寧な積み重ねによって、ANDPADでの運用を同社にとっての最適な方法に磨き上げ、営業から施工までの一元的なANDPAD運用を浸透させることに見事成功されました。

ANDPADの運用浸透を徹底するためにリブウェル株式会社様が具体的なアクションにどう落とし込み、取り組んだのか。詳しくご覧になりたい方は、ぜひANDPADのコミュニティにご参加ください。

〜前編〜顧客と社員の体験向上のためにANDPAD推進会を発足

 

〜後編〜顧客と社員の体験向上のためにANDPAD推進会を発足

 

一覧へ戻る