ホームページ制作を相談する前に準備した方がいいこと

2019/09/2517:55276人が見ました

<相談前の準備目的

ホームページを新規で作りたい!またはリニューアルしたい!と思ったら、最初に準備するのは、
「なぜホームページを作りたいか」や「どうしてリニューアルしたいか」などの目的を明確にすることです。
ここが相談する際に上手に伝えられないと、意図を理解しないまま作り始めるので、失敗する最大の原因になります。
と、言うことは制作会社と初回の打ち合わせで、ここを聞かない会社は本質を見極めてホームページを制作できる会社とは言えません。

<相談前の準備情報整理

さて、目的が明確になったら今度は、「どんな情報を載せたいか」を箇条書きにしてみましょう。

建築業界のさまざまなホームページをみて、どんな情報を掲載しているかチェックしてみましょう。
たくさんのホームページを見た人は、気づくかも知れません。「あれ?コンテンツが似ている」と。

実は、それは正しい現象です。注文住宅やリフォーム、不動産など業態によって異なりますが、同じ業態ならコンテンツは似てくるものです。
なぜなら、それをエンドユーザーが欲している情報だからです。

<相談前の準備素材の状況

次に必要なのはホームページを制作する際に必要な素材の状況を知っておくことです。
例えば、ロゴマークのデータはあるのか?施工事例の写真はあるのか?
ビフォーアフターで用意できているのか?などを知っておくことが大切です。
その理由は、“どこまで依頼するのか”をある程度決めておくことで、費用も変わってきます。
さらには複数社の話を聞く際には、依頼したい内容に対応している会社かそうではない会社かがわかり、制作会社の選定の1つの指標になります。
施工実例の撮影や引渡し後の顧客インタビューなどは、ホームページを制作する会社によって協力体制もマチマチです。

すべてを依頼できる会社が正しいとは思いませんが、せめてアドバイスくらいくれる制作会社を選びましょう。

<相談前の準備④―心構え―

最後に相談前の準備として必要なのは、「心構え」です。

建築業界は、専門用語も飛び交う特殊な業界です。また、大切な住まいに関わり高額な費用が動きます。たかだかホームページと高を括らず、大切なお客様に最適な情報をお届けするツールですので、依頼する方も心してご自身の会社や業務内容を理解してくれる制作会社を見つけてください。

 

一覧へ戻る