ホームページ制作会社の見極めのポイント

2019/10/2318:28192人が見ました

knowledge

見極めのポイント①―業界知識―>

まず最初に見極めていただきたいポイントは、「業界を知っているか」です。建築業界は高額な商品や技術を提供します。建築業界といっても、さらに分解すると注文住宅や分譲住宅、リフォームや不動産などさまざまです。それぞれの検索ニーズや、情報獲得ポイントも違います。日常で何か物を購入する際も、知識のない人から購入するよりも専門化のような知識がある人から購入した方が安心できるのと同じです。本当にお客様のことを大切に思うなら、業界知識のある人に相談するといいでしょう。

quality

見極めのポイントクオリティ

ホームページは多くの要素をハイレベルにすることで、お客様に共感の得られるものになります。デザインだけが素晴らしくてもダメ。運用のしずらいシステムでもダメ。サイトスピードも速くなければならないし、見やすいコンテンツ配置でなければなりません。住宅と同じで、見た目だけが良くても性能が悪ければ快適さは失われます。本当に多くの要素をクリアしないと、お客様が数秒で離れてしまうのがホームページです。

results

<見極めのポイント③ 制作実績

建築業界のホームページを作ったことのある制作会社は無数に存在します。しかし、業界の変化や流行を素早くキャッチして、それをきちんと反映できている制作会社は、本当に僅かです。作り続けていないと知り得ない情報がとても多い業界のため、制作実績を常に更新していく会社こそが情報の宝庫です。

maintenance

<見極めのポイント④ ―メンテナンスー>

ホームページは作ったあとが勝負です。法律が変わったり、顧客のニーズの変化のスピードも早い業界です。だからこそ日々更新を続けたり、一般消費者に届く内容を盛り込んでいくことが、とても大切です。「更新依頼をしても時間がかかりすぎる」なんてよく聞く話です。時間をかけていいものと、スピードを要求されるものがあるので制作会社の対応力は大切です。

 

これらのことをきちんと見極めて制作会社を探してもらえれば、きっと建築会社さんも、その先の一般消費者も満足できる情報ツールに近づくでしょう。 

一覧へ戻る