忘れ得ぬひと言 その1−1                                   ■売れる力とは?

2021/04/0921:10584人が見ました

工務店さん視察ツアーにて

 

大阪から鹿児島に移ってきて自宅を建ててもらってからしばらくした頃、県外の同業である工務店さんの社長・幹部の面々が見学にお見えになることがしばしばありました。入居後、だんだんと生活感が出てくるのに従って我が家も見学コースに組み込まれる機会も増えてきました。

 

御一行の人数はこっそりおしのびの方もあれば、多い時は大型バス2台もの大見学ツアーで来られることも。最初の頃は、ご近所の方々も「何事か?」と騒然とされていましたが、そのうち慣れてしまわれたようでした。当時、営業マンであった私は、お客様とのアポイントを優先で良いとのことだったので、せっせと掃除はするもののご案内・説明は妻におまかせするパターンでした。そういう中で、いつでしたか「皆さんの見学の後に講演をするように」というオーダーが届きました。

 

視察会は工務店社長の遠足です

 

 

長い一日の末に

 

忘れ得ぬ一言があったのは、その回だった思います。

何日も前から広報室のスタッフに助けてもらい、keynoteのプレゼン資料を準備して当日に臨みました。そして大勢の百戦錬磨の強面たちの前でなんとか話し終えることができました。その日は講演という出番もありましたので、懇親会でも皆さんと一献酌み交わす流れになっていました。その夜のことです。

 

まず一次会、ほぼ全員参加の大宴会です。あちらこちらで紹介されたり紹介したりで名刺交換、お腹にはご返盃のお酒ばっかりでご馳走は入ってくる間もありません。テーブルにたくさん残された料理を横目に二次会へ。

 

各地からの出張組がほとんどですから当然誰も帰らずで、そこそこキャパのあるお店へ移動しました。工務店の社長さんは昼間よりずっとテンションが上がり皆さんとても楽しそう。どうやら顔なじみの方々もい多いようでした。ホームグラウンドを離れ勉強に出向き情報交換したりして、こうして束の間の息抜きをされているのだなと知りました。それぞれ会社の施工エリアが離れていて、競合しない関係の工務店さん同士はとても仲がいいのです。

 

あたりまえと言えばあたりまえの事かもしれませんが、こんなに仲がいいとはとても意外でした。ホスト側の私は依然それほど酔えず、ろくに食べれずのままでしたが、社長さん達は一次会より相当いい気分になっておられました。ここらあたりで座る場所が変化していき、気の合うメンバーが集まりお酒の濃度も会話の濃度もどんどん増していくのでした。

 

それから数名の若手幹部の方々と三次会へ。

社長さん達がひけたところで、夜ふけの天文館でようやくぶっちゃけ話が始まるのです・・・

 

忘れ得ぬひとこと その1−2 につづく

 

 

一覧へ戻る