聞き上手より、導き上手。

2019/03/0509:28401人が見ました

ヒアリングの目的とは、クライアントの要望をこと細かく聞き出しメモに残すことだけではありません。

 

クライアントの予算をしっかりと把握した上で、その後に控えるプランニング、プレゼンの事までを意識し、クライアントの為を考えながら丁寧に聞き取り、そして導く。

 

迷っている部分などは、可能な限り白黒はっきり答えを出してもらう場でもあるのです。

一覧へ戻る