20人に1人は色覚異常!?ー色のユニバーサルデザイン基礎知識

2019/05/1617:33550人が見ました

みなさま、こんにちは。

LoIRO.(ロイロの鈴木あゆみです。

https://www.loiro.jp 

 

建築『色』知識、

本日は「先天性の色覚異常」についてシェアしたいと思います。

 

「先天性の色覚異常」は遺伝による視細胞の異変

と言われていますが、その人数は


日本人男性の5%=約20人に1人  
(日本人男性のAB型の人数にほぼ匹敵) 

 

日本人女性の0.2%=約500人に1人 

と言われているので、思っている以上に身近なものであると考えられます。 

 

「色覚異常」には3つのタイプがあると言われていますが、

具体的にみていきましょう!

 

 

1型色覚  

赤色を認識する細胞(L錐体)の感度が低い(無い)場合の色覚特性  

 

2型色覚  

緑色を認識する細胞(M錐体)の感度が低い(無い)場合の色覚特性  

 

3型色覚  

青色を認識する細胞(S錐体)の感度が低い(無い)場合の色覚特性  

 

の色覚異常については、①②と比較して極めて人数が少ないので、
主に
について見ていきたいと思います。 

 

 

①②の方は  

  

茶色
オレンジ黄緑  
  

が同じ様な色に見える、という特性があります。  

 

 

 

例えば、茶色、であれば、このような見え方です。

 

 

上が通常の見え方、

下が①②の方の見え方です。

 

非常に色の見分けがつきにくいですね。。。

 

 

 

 

他にも、

  はこのように

 

 

 

 

オレンジ系黄緑   はこのように

見えるわけです。

 

 は全く正反対の色で見分けがハッキリとつくと思われるかもしれませんが、

色覚異常の方にとっては大変見分けにくい色の組み合わせです。

 

 

私たちは、他人も自分と同じ様にものが見えていると思ってしまいますが、

 

自分と周りの人が同じ様に色が見えているとは限らず、  
色覚異常の方にとっては、見分けのつきにくい色の組み合わせが  
身の回りには存在している。
 

という事を理解しておく必要があります。

特に建築・住宅業界に携わる私たちにとっては尚更かと思います。

 

 

男性の20人に1人は色覚異常であることも考慮すると  
知っておいて絶対に損はないですよね。

 

 

ということで、  
本日は色覚異常のタイプと見え方  
についてお伝えしました! 

 

 

 

 

 

 

 

 

=住宅のコーディネート力を高めたい方へ=

現在、全国各地で『ハウジングスタイリスト認定講座』開催中です。

(会場;各LIXILショールーム 主催:一般社団法人全国ハウジングマイスター協会)

私、鈴木が講師を務めています。

 

ご興味のある方はぜひ下記URLより内容をチェックしてみてください!

https://www.housing-m.net/certification/housingstylist/

 

 

▼ハウジングスタイリスト 2級 527日 大阪開催ページ

https://www.housing-m.net/courses/554/

 

 

▼ハウジングスタイリスト 2級 6月13日 大阪開催ページ

https://www.housing-m.net/courses/586/

 

 

 

 

LoIRO.(ロイロ)鈴木あゆみでした。

https://www.loiro.jp 

 

 

 

一覧へ戻る