2023年の注目色発表!!

2022/10/2020:16143人が見ました

みなさん、こんにちは。

LoIRO.鈴木あゆみです。

https://www.loiro.jp/profile-1/

 

建築『色』知識。

 

本日は

昨年もご紹介したものの最新版!アメリカの塗料メーカー

Sherwin-Williams(シャーウィン・ウィリアムズ)と

Benjamin Moore(ベンジャミン・ムーア)から発表された

「2023年の注目色」をシェアしていきたいと思います!

 

今回は昨年と打って変わってとても暖かさを感じる色です。

 

まずは、Sherwin-Williams(シャーウィン・ウィリアムズ)。

「Redend Point(レデンドポイント)」

https://www.sherwin-williams.com/en-us/color-of-the-year-2023

という色です。

 

テラコッタの様な土感がありながら

柔らかさと暖かさを感じる、落ち着きのある色ですね。 

日本でも、グレイッシュな色、中間色の空間が人気なのですが、

グレーばかりを使うと、単調になりがちなので、

こういった暖かく心の落ち着く色はアクセントとして

空間をイキイキさせてくれそうですね。

エイジングされた床や建具とも相性が良いと思います。

 

次に、Benjamin Moore(ベンジャミン・ムーア)。

「Raspberry Blush(ラズベリーブラッシュ)」

https://www.benjaminmoore.com/en-us/paint-colors/color-of-the-year-2023#RaspberryBlush

という色です。

こちらは、シャーウィン・ウィリアムズと同じくレッドオレンジ系ではあるのですが、

比較すると、目の覚めるような鮮やかさがありますよね。

この色の特徴として、シャーウィン・ウィリアムズでは

 自己表現・大胆さ・自信に満ちた色

としています。

大胆に自分らしくポジティブに、決して背景にはならない

メインの色、アクセントの色

といったところでしょうか。

広い面積に使うのは勇気がいる、という場合には

ニッチの中、狭い面積でのアクセント壁、

まずはクッション等でこのパワーのある色を取り入れても良いかもしれません。

今年の色は、調和と落ち着きを感じるグレイッシュなグリーンでしたが、

来年の色からは、もっとイキイキと自己表現して楽しもうよ、という

メッセージが感じられます。

 

色は心と体に影響を与えるものです。

今の日常にもう少し変化が欲しい、刺激が欲しい、楽しさが欲しい、

という時こそ、あまり深く考えずトレンドカラーを利用して、

ちょっとした小物なんかに取り入れてみても

面白いですよね。

 

ということで、本日は

「2023年の注目色」を

シェアさせていただきました!

 

以上、

LoIRO.鈴木あゆみでした。

 

一覧へ戻る