ChatGPTで工務店WEB業務はこんなにも効率が上がる!

2024/01/3116:09304人が見ました

AI技術がビジネスや社会の様々な領域で導入され、業務プロセス効率やサービスの向上に大きな影響を与える中、住宅業界においても、ChatGPTなどの自然言語処理技術が注目されています。

工務店のWEB担当者においても、WEB業務にChatGPTを活用する事例が増え続けており、利用者からは

作業時間が3分の1になった
精神的な負担が減少した
3カ月出来なかったことが1分でできた

といった声が寄せられています。
ここでは、ChatGPTの導入により住宅会社のWEB担当者が享受できた主なメリットをご紹介します。

 

①施工写真のコメント、たった7日間で400枚分完成!

ホームページ、インスタグラム、YouTube・・・、施工写真コメントは多くの発信で活用できる重要パーツ。1棟に対してで無く、写真1枚ずつに付けるのが、勝ち筋です。

しかし現場に行かないWEB担当者が、1枚ずつの写真にコメントをつけるのは至難の業。

ChatGPTは写真に対する文章も作成してくれるので、手直しを入れても1枚3分。あらゆる場所に発信できる、大型武器が手に入ります。

 

②作った文章を、インスタグラムやYouTube用にパッと変換

イベント告知や補助金解説など、同内容を複数の場所に投稿する業務の中で、時短のために「そのままコピペ」することも多いのではないでしょうか。

しかしツールにはTPOがあります。それぞれに合った文体、絵文字、リンク誘導等を駆使することで、より一層の効果を見込めます。

ChatGPTでは「インスタグラムに投稿するための文章にしてほしいです」「YouTube投稿用のコメントに変換してください」と言えば、それぞれにあったコメントを作成してくれます。

 

③学習系コンテンツの作成が容易になり、量産化が実現

家づくり知識、Q&Aといった、家づくり初期段階客への一般的な知識提供は、現代の依頼先決定プロセスに必要不可欠です。

しかしこのようなコンテンツは「自社の強みにつながるテーマ」を作ることはできても、内容で「会社の独自性」「他社との違い」を出すことは難しい。しかもこのコンテンツのカギは「量」にあり、学習の先生になることが求められます。

そこで登場するのがChatGPT。

自社の得意分野からなるテーマを担当者が決め、コンテンツはChatGPTと共に作成する。これで時短で量産化が可能になります。

 

④面倒くさく億劫になりがちなページ作成も、数分で完了

ホームページに訪れる検討客の離脱が早い昨今、自社の強みを端的に伝えるページを用意することは重要です。しかし自社の特徴を端的に・・・と言ってもなかなか難しいもの。

経営者や営業社員が作成するならまだしも、現場やお客様との接点の無いWEB担当者が情報を整理すると「う~ん、何かが違う・・・」と社内OKが出ないことも少なくありません。

そこで活躍するのがChatGPT。

会社の公式サイト情報を伝えることで情報を整理し、顧客に伝わりやすい表現を提供してくれます。

「作らないと・・・」と思いながらも3カ月間着手出来なかったWEB担当者が、1分でコンセプトページを作成&公開される事例も増加しています。

 

生産力減少、効率ダウンにならないために

・ChatGPTは、無料で使えるの?
・ChatGPTで検索すると、英語のホームページが表示されるけれど大丈夫?
・無料版と有料版の違いは?
・どうすれば望む回答を得ることができる?
・注意すべき点は?

など、不安になることも多いのが新しいツール。でも「わからないから使わない」では、生産力減少、効率ダウンの可能性が大いに潜んでいます。

急速に変化する現代において、自身の考えをアップデートすることも業務のひとつです。新しいツールにもしっかりと目を向けて取り入れるべきは取り入れていきましょう!

 

AI時代のWEB業務改善は、ChatGPTだけではない

WEB業務を効率化できる新しいツールはChatGPTだけではありません。

・専門知な知識、複雑な操作無で、データを味方にする
・自社だけでは見えない課題を、業界他社のWEB成功事例と瞬時に比較し、強み強化・弱点克服を行う
・AIによる画像や動画生成

これからさらに進化するツールも、早めに知って先行者利益をゲットしましょう!

 

 

ゴデスクリエイトは、工務店WEB運営成功に向けた様々は取り組みを行っています。ぜひご活用ください。

  

一覧へ戻る