2020年の色!(≠トレンドカラー)

2019/12/1917:301180人が見ました

みなさま、こんにちは。

LoIRO.(ロイロの鈴木あゆみです。

http://www.loiro.jp

 

 

本日は、12/2に日本流行色協会から発表された『2020年の色』についてお伝えしたいと思います。

 

日本流行色協会が発表した『2020年の色』は、

「ヒューマンレッド」Human Red です!

 

 

 

話を進める前に確認しておきたいことは、、

このヒューマンレッドは「トレンドカラー(流行色)」とは違う、ということです。

 

ではまず、

「トレンドカラー(流行色)」とは・・・?

について話をしたいと思います。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

「流行色」の検討は2年前から始まっています。

 

日本では、

15カ国が加盟するインターカラー(国際流行色協会)で選定された色情報や、

日本の色彩動向、社会動向を元に

JAFCA(日本流行色協会)が、

日本の産業(レディスメンズウェア・インテリア・プロダクツ。メイクアップ等)

に向けた最先端のカラートレンドを選定・発信しています。

 

その情報をベースに各業界が商品化し、私たちの手に渡るという流れで、

流行は創られています。

 

特にわかりやすいのは販売のサイクルが短期間である服かもしれません。

 

私はシーズン毎に、デパートなどのファッションフロアを見て歩きますが、

たいてい、どのブランドにも同じような色の商品が並んでいます。

 

それに対して、

今回発表された日本流行色協会の『2020年の色』については

商業的な意味での流行色、ということではなく、

社会や文化の中での人々の意識を反映する、

“時代の「象徴色」”という意味合いがあります。

 

なので、この「象徴色」を知ることはつまり、

私たちの生きる時代がどんな風に流れているのか?

そして、どのように流れていくのか?を知ることのカギでもあると私は考えています。

 

さて、以上のことを踏まえながら、

2020年の色「ヒューマンレッド」を見てみたいと思います。

 

詳細を確認されたい方はJAFCAのHPをご覧ください。

https://www.jafca.org/colorcolumn/20191202-001.html

 

 

概要をお伝えすると、

この色は

「豊かな感情と身体の躍動を象徴するレッド」

とのこと。

 

デジタル化されていく社会の中で、共感する気持ち、感受性、創造性等、

”人間らしさ”を表すような色として赤が選定された、とのことです。

 

 

時代を表す色「象徴色」

色の持つ強いメッセージ性。

 

この視点を知っていると、

「次は何色が流行るの?」という表面的なことではなく、

 “色”によって表現されるメッセージも見えてくるので、

一過性ではない、お客様に好まれるコーディネートにも役立てることができます。

 

ということで、本日はJAFCA(日本流行色協会)発表の

「2020年の色」をお伝えしました。

 

 

それでは、次回は来年1月です。 

2020年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。

 

 

LoIRO.(ロイロ)鈴木あゆみでした。

http://www.loiro.jp 

一覧へ戻る