今求められる、ライブ見学会、オンライン打合せの力

2020/03/2709:25711人が見ました

「落ち着くまで、打ち合わせを延期したいです」

香川県の工務店で、プラン中のお客様が仰った言葉です。工務店に出向いて行う打ち合わせを、しばらくやめてほしいとのこと。

心理的な影響も含めるとこのような状態がいつまで尾を引くかわかりませんし、自社でもいつお客様がこのようなことを仰るかわかりません。

またテレワークで働く環境も浸透し、出かけずに打合せをする、出かけずに見るといったことを日常で経験するシーンも増加。「工務店ともWEBで接触したい」願望も潜在的に増加するのではないでしょうか。

有事の今、WEB接客のスキルは否が応でも身につける必要が出てきました。

実は、高額な機材も、難しい操作も必要ないWEB接客。可能性を知り「お客様に安心の環境を提供する」地域工務店にとってのありかたをお考えいただければと思います。

 

モデルハウスや完成見学会は、ライブ見学会で開催

モデルハウスや見学会を、スマホ&SNSを使ったライブ配信で開催してはいかがでしょうか。

活用するのは「インスタグラム」。インスタストーリーズのライブ配信機能で手軽にライブ配信可能。

会場をスタッフがスマホを持ってゆっくり移動。見込み客はその動画をスマホで見ることができます。

見込み客はコメント欄に「キッチンをアップで見たい!」など希望を書くことができ、スタッフはリアルタイムに回答可能。インスタストーリーズと連動させれば、あらかじめ質問や希望を受け付けておくことも可能です。用意された動画とは違い、臨場感と、双方向での満足感が実現できます。

配信したライブ動画は保存可能。プロフィール画面でアピールしたり、YouTubeにアップしてホームページに貼り付けることもできます。これからの時代動画コンテンツをより多く持っていることも差別化のポイントになりますので、見学会動画を簡単に作成することができるのも嬉しいですね。

時間は最長1時間。ストーリーズのように時間や装飾を気にせずありのままを配信できるのも、おすすめです。

遠方のお客様やお子様が小さくて気軽に出かけられない方など、もともと足を運ぶことが難しかったお客様にもお楽しみいただけるので、さらに嬉しいですね。

 

お客様とのお打ち合わせや相談会は、テレビ会議で

プラン中お客さまとのお打ち合わせや、新規見込み客が参加する家づくり相談会。今話題のzoomを活用してはいかがでしょうか?

zoomは、

・工務店(主催者)がアカウントを作成(無料)すれば利用可能
・お客様(参加者)はアカウントの作成不要
・工務店が打合せ用URLを発行、お客様はそのURLをクリックすることでミーティングルームに参加
・パソコンでも、スマホでも利用可能
・同時に複数人が同じ打合せに参加可能
・工務店側のパソコン画面を表示することができ、プランや写真など同じものを見ながら打合せができる
・無料アカウントの場合1対1では時間無制限、1対複数人では最大40分

といった特徴のテレビ会議システムです。

同じようなシステムでSkypeがありますが、こちらは全員がアカウントを作成しなければなりません。zoomはお客様は登録不要なので、気軽にお客様にご案内ができますね。

2011年にシリコンバレーで誕生したzoomは日本でも導入社が多く、法人向け有償プランは国内3500社以上が導入、弊社ゴデスクリエイトでも3年前から導入しています。

 

セミナーもオンラインで

資金計画セミナーや土地探しセミナーなど、リアルな場で集客していたセミナーもオンラインにシフト可能。

参加者の交流も求める場合は画像のように顔を合わせて行っても良いですし、講師が会場で行っているセミナーをライブ中継で配信することも可能です。

2020年3月には、土地探し中のお客様10人を集めての「土地探しセミナー」を福岡の工務店が、WEB家づくり相談会を埼玉の工務店が準備されています。

 

弊社でも急遽2020年3月6日にインスタライブを学ぶミニセミナーをオンラインで開催しました(上画像)。翌日開催の急な告知にも関わらず全国から40もの工務店の方が参加されました。

注目の高さがうかがえる、オンラインを活用したWEB接客。

知らないうちに隣の工務店がWEBで営業していた・・・なんてことにならないよう、行動力が必要ですね。

 

一覧へ戻る