色の効果!〜ネクタイからインテリアまで〜

PICKUP!2020/09/1812:23269人が見ました

皆さま、こんにちは。
LoIRO. (ロイロ)鈴木あゆみです。
https://www.loiro.jp/blog/

 

本日は「色の効果!〜ネクタイからインテリアまで〜」をシェアしたいと思います。

 

さて、下の2つの写真で違う所はどこでしょう?

 

 

簡単でしたね。  

ネクタイの色、です。  

色に関心のある方も、ない方も  
無意識で影響を受けるのが「色の力」。  

初対面で  
どちらの方が活発・積極的そうですか? と聞かれれば  
多くの方が右の「赤色のネクタイの男性」と答えることと思います。  


どちらの方が知的・誠実そうですか? と聞かれれば  
多くの方が左の「紺色のネクタイの男性」と答えるでしょう。  


赤色ネクタイ」の印象はプラス面では、「やる気」「ポジティブ」「行動的」。  
ですが、、マイナス面は、  
「自分勝手」「短気」という面も。  

「紺色ネクタイ」の印象はプラス面では、「誠実」「真面目」「冷静」。  
ですが、、マイナス面は  
「無難(世間体を気にする)」「融通がきかない」という所でしょうか。  


ですが、  
例えば、赤色等の目立つ色であれば、ベースの色を赤にするのではなく、  
柄部分や面積の小さい部分を赤色等の目立つ色にすることで、  
ドギツイ印象を和らげて好印象にするができます。  

「派手な色は少なめに」が鉄則です。  

紺色は青色をもっと濃くしていった色ですが、  
堅物な印象ではなく、明るくクリエイティブに見せるには  
明るめの青色ターコイズ(青緑)色のアクセントの入ったものを選ぶと  
よいでしょう。  
若々しく見える効果もありますよ!  

 

いかがでしょう。  
見比べてみると、印象が違うことが感じられるかと思います。  

小さい面積のネクタイで、  
人に与える印象や心理的な効果が違うということは、  
住空間で考えると、より一層影響があるということが言えます。 

 

 

 

 

ぱっとドアを開けた時、上の青色アクセントの部屋と赤色アクセントの部屋では  
印象は変わるはずです。心理的な効果も違います。  

上の写真はわかりやすく壁の一部のみ極端に色を変えましたが、、  

インテリアでは床・壁・天井・建具・家具等、色々な要素が出てきます。  
お客様の住宅コーディネートをつくる上で、  
床・壁・建具等の色の割合やバランスで苦戦する方は多いようです。  


色の効果を無意識にお客様が感じ、  
この家に住みたい!!と思っていただくのに効果的なのは  
モデルハウスかもしれませんね。  

昨今はSNSの影響等で  
見栄えのよいもの、色彩が豊かなものに慣れている方も多いので  

上手にカラーを取り入れた空間は必ず好評になるでしょう!  


ぜひ、日々の様々なカラーの選択を意識してみてください!

 

以上、

LoIRO.(ロイロ)鈴木あゆみでした。

https://www.loiro.jp/blog/

一覧へ戻る