003『たった1日で完璧な実施図面とパース・ウォークスルーがアウトプット出来る時代』

2020/12/0923:24221人が見ました

こんにちは、左近充です。

久しぶりの投稿となり、失礼致します。

 

もし、タイトルにある『1日で完璧な実施図面とパース・ウォークスルーがアウトプット出来る時代』が浸透し始めたなら、御社の設計士はそれに追従出来るでしょうか?

 

「そんな馬鹿なこと起きるはずがない」と思っていてもIT社会においては、3年先、下手したら明日の未来がガラッと変わっているかもしれませんね。

 

タイトルを現実化する為の、2020年現在における最も近道は、BIMによるデータベース化だと考えています。

2次元CADでは難しかった作業が、BIMによる多様な機能により、弊社としては非常に迅速な実施設計の作成が可能になりました。

 

もちろん、「スピード感はあるものの手抜き感が露呈している」という訳ではなく、会社として蓄積してきた既存図面という立派な資産が活かされ、より企業の価値感が高まるというメリットを生み出します。

 

会社の濃厚な蓄積資産を、スピディーに提出する。

それは、図面はもちろんプレゼンテーション資料まで影響をもたらします。

 

住宅設計において、コロナ化による非対面接客かつ、賃貸住宅離れが進む中、

超効率設計ということを、BIMというツールを用いながら、考えていく時代だと思います。

 

一覧へ戻る