19回目のお花見 その2                                     ■続・家づくりの玉手箱

2021/05/1523:13366人が見ました

19回目のお花見 その1 からつづく

 

 

剪定したくない桜の木

 

わが家の桜は、これまで2回ほど剪定をしてもらいました。最初は植えてもらってから14年目の頃でした。

 

せっかく「花がいっぱいになってきたのに、もったいないなあ」と思ったのですが、妻から「切らないとどんどん上に伸びて2階からの花が少なくなる」と言われて庭師さんにお願いしました。(自宅は2階がリビングになっていて、妻はほとんど日中2階にいます)

 

2016年剪定前 お向かいさんの屋根の上まで伸びていました

 

 

2016年剪定作業風景 雨の中ありがとうございました!

 

 

2016年剪定後 けっこう大きな枝をバッサリ切りました

 

 

 

 

手を入れることによる「発展」

 

それから4年が経ち、確かに2階の食卓からの花は増えて。4枚の屏風絵のようなとても美しい景色になりました。

 

 

毎日が、まさに日本画の屏風絵世界であります

 

 

さらに、上にも伸びていきロフトの窓からも足元にひろがる淡いピンクのひらひらは、遠くに望む桜島とともに織りなす新たな絶景になっています。朝の目覚めの時間にこの『絶景』を見ようと、窓のところにベッドを引っ張ってきて枕を置いて、朝いちばんのまぶしさと共に桜島+桜の絶景をたのしみました。

 

無理やりのようではありますが、この自由度がいいのです。たとえ部屋が小さくても家具の置き場所が様々に変えられたら、そしてその置き場所がそれぞれに魅力的であるとしたら、それだけでもいい住まいの条件のひとつを満たしていると言えます。

 

 

屋根裏でいちばん早い朝日とともに起きるのです

 

 

 「ステイホーム」のご感想

 

実は、これまでたくさんのお施主様に桜の木をオススメしてきました。正直、ちょっと押し売り的なケースもあったりましたが、こうして毎年毎年時間を経てご自宅の居心地が良くなっていってるだろうなと思うと、そこに確かめに行きたくなります。

 

全国的に2年続けて我慢のゴールデンウィークになりましたが、お手伝いさせていただいた方々からは、

 

「おウチは最高です。できればどこにも出たくないですw

 

「自宅で過ごすことが楽しいです。快適ですよー^ ^

 

「仕事以外の時には家にこもっています。快適な住まいにしていただいたので家ごもりは全く苦になりません!」

 

という様なコメントをいただきました。昨今の様に出かけたいのに我慢しないといけないといったような状況は想像もしていませんでしたが、このように言っていただけると嬉しいものです。

 

これからの世の中、おそらくは自宅で過ごす時間は増えていく方向になりそうです。それぞれの家庭で住まいが成長して、豊かな「ステイホーム」を楽しんでもらえるようになっていたらいいなと思います。

 

19回目のお花見 その1の桜開花予想マップの使用について日本気象株式会社の担当の方と5月になってからやりとりをしました。 コラムでの画像の使用をこころよく承諾して下さったのですが、「まだうち(鹿児島)の桜咲いてますよ」とお伝えしたら、とても驚かれていました。

 

鹿児島の桜は5月になってもがんばってました

 

 

こうして季節の移りかわりや様々な「旬」の到来を感じることができるのは、住まいのまわりの身近なところに「自然」があるからです。たくさんの「生命」にかこまれて生活するのは手入れや掃除はともないますが、気持ちが良く生きる豊かさのひとつです。また、日常の中で楽しむ「美意識」でもあります。本来、この国の庶民の美意識とは、こういう身近な日常の中にあった「現実」から見出されたものでした。

 

皆さん、今年も「ステイホーム」でしたが桜は楽しめましたか?在宅の「楽しみ」や「たしなみ」をお客様に語れていますか?

 

 

一覧へ戻る