「パッシブデザインは窓のデザイン①」

2019/02/1217:14619人が見ました

パッシブデザインはある意味

窓のデザインだと言えます

 

断熱材 窓の標準仕様が決まっている一般工務店であれば

UA値やQ値と呼ばれる 断熱性能(断熱保温性能)は窓の大きさで決まります

 

もう少し詳しく説明すると

壁 屋根(天井) 基礎(床)の断熱仕様が決まっているのであれば

プランを変えない限りは

窓の性能も同じであれば 窓の大きさ 面積のみが

その家のUA値やQ値を決めてきます


という事は 

「床面積に対しての窓面積の割合を何%が自社ルール」

と決めておけば

UA値やQ値が一定になる訳です

 

 

パッシブデザインをチームでやる場合や

一定のレベル以上でパッシブデザインを行う場合に一番最初にしなければいけない

ルール作りです

 

詳しくは3月5日火曜日 13時30分受付開始 14時から17時まで

JPタワー21階で行われる勉強会にて

 

参加費 1社4万円(1人) (お一人追加されるごとに2万円追加)

 

詳しくは チカラボにご登録後

kimura@passivecomehome.cp.jp

までお問い合わせください

一覧へ戻る