【動画活用】「効果を高めるための『動線』と『長さ』とは?」

2021/07/1610:4433人が見ました

こんにちは。プロフィール株式会社の浅見です。

こちらのルームでは、住宅業界の皆様にとって

有益な動画活用の方法や動画制作のポイントやコツについて、お伝えしていきます。

【動画活用】「効果を高めるための『動線』と『長さ』とは?」

------------------------------------------------

動画活用において、とりあえず動画を作って、

とりあえずYouTubeにアップしたりしていませんか?

ただ動画を作って公開すれば自然と

集客や成果に結びつくというものではありませんから、

しっかりと戦略を練る必要があります

 

例えば初めて会社や商品を知った段階では長い説明は求めていないでしょうし、

詳細を知りたい方に簡単な短い動画では不十分でしょう。

 

今回は動画で集客する際に意識する『動線』と『長さ』についてお話します。

効果を高める為に必要な動線は大きく分けて4つ。

1.お客様に知ってもらう動線

2.お申し込み(問い合わせ)をしてもらう動線

3.リピーターになってもらう銅線

4.紹介してもらう動線

この4つです。

 

動画を使用する目的によってどの動線に沿って作るべきか、

企画の内容が変わってきますので、どのターゲットにどこで見てもらうのか?

そのきっかけは何で作るのか?が重要となってきます。

そしてそれぞれ、動画の長さも変わってきます。

 

お客様に知ってもらう動線では、

わかりやすく短い動画で視聴者の興味を引くことが目的になるでしょう。

お申し込みをしてもらう動線では興味は持ってもらえているため、

少し長めの動画でしっかり魅力を伝えましょう。

 

リピーターになってもらう動画では、魅力を知っている視聴者ではありますが、

ターゲットやコンセプトの設定によって長さを変える必要があります。

紹介してもらう動線では、長い動画を観てもらえる方が対象となり、

内容を吟味して魅力をしっかり伝えるべきでしょう。

 

以上のように、この『動線』と適切な『長さ』をきちんと意識して集客動画をつくることで、

お客様を行動させる動画の構造が自然と見えてきます。

これらを意識した効果的な動画つくりで、効果にしっかりと結びつけていきましょう。

-----------------------------------------------

当社は住宅業界特化で動画制作・映像制作サービスも提供しております。

また、動画活用セミナー及び内製化研修の開催運営

ビジネスを成功に導くために、何が必要かご提案いたします。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

https://www.pro-file.co.jp/

一覧へ戻る