【動画活用】「DVDの画質とは?」5G到来!覚えておこう画質のこと

2021/07/0812:0490人が見ました

こんにちは。プロフィール株式会社の浅見です。

こちらのルームでは、住宅業界の皆様にとって

有益な動画活用の方法や動画制作のポイントやコツについて、お伝えしていきます。

【動画活用】「DVDの画質とは?」5G到来!覚えておこう画質のこと

YouTubeを始めとした動画配信サービスが溢れ、

動画といえばオンラインで視聴するものという印象が強くなりましたが

まだDVDを使用するケースも稀に見受けられます。

 

DVDはWindowsでもMacでも、果てはゲーム機に至るまで使える

という対応機器の多さやコンパクトさや巻き戻しが不要などの便利さからVHSに取って代わりました。

 

今ではDVDの上位ともいえるブルーレイディスクが登場していますが、

対応機器が少ない

そこまでの高画質は求めていない

動画配信サービスがあるので不要

そのような理由でブルーレイの利用が多く広まらなかったため、

画質にこだわらず、DVDを利用している方もいます。

 

画質を決める大きな要素の一つとして、解像度というものがあります。

解像度とは簡単に言ってしまえば画像を表示するための画素の密度のことで、

この解像度が高いほど細かく綺麗に画像を表示でき、実物に近くなります。

 

DVDで使用されているSD画質は720×480px(ピクセル)。

これに対して映像配信で最も多く使用されているHD画質は

1280×720pxかフルHD 1920×1080px、

4K画質に至っては4096×2160pxと5倍近い差があります。

 

大型ディスプレイの低価格化やスマートフォンなどの

機器の高画質化という事実等もありDVDの画質では満足できないケースは今後増えていくことでしょう。

 

スマートフォンユーザーの増加と5G時代の到来。

4Kや、はたまた8K対応テレビなどのシェアが広まっている中、

今後購入すべき機器や、撮影機材なども、新たな見直しが必要となりそうです。

 

とはいえ、万が一DVDとして映像制作をしなければならない場合には、

小さな文字や図形が読めない、画質が悪いという印象の問題はもちろんの事、

誰に、どんな機器で動画を見てもらうための映像なのかを意識して、

わかりにくい、読みにくいなど、リスクをしっかり考えた上で映像制作をする事をおすすめします。

【皆さん、ルームツアー動画は制作していますか?】

ただ作るだけではありません。

サムネイル・ナレーション・BGM・テロップ等、しっかりこだわっていない・・・ことありませんか?

 

オンライン上でお家を見学することが出来るので、日程やいろいろな手間が省けて

お家づくりをご検討の方にはとってもいいですね♪

 

当社は住宅業界特化で動画制作・映像制作サービスも提供しております。

また、動画の活用方法・LIVE配信などのアドバイス・サポートも行っておりますので

お困り事は”まるっと”お任せ下さい!

 

ビジネスを成功に導くために、何が必要かご提案いたします。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

https://www.pro-file.co.jp/

一覧へ戻る