【成果事例紹介】LINE運用開始わずか1ヶ月半で個別相談1件・見込み客7名を達成した内容

2022/12/0515:1525人が見ました

こんにちは。プロフィール株式会社の浅見です。
こちらのルームでは、住宅業界の皆様にとって有益なLINE活用の方法やデジタルマーケティングのポイントやコツについて、お伝えしていきます。

 

成果実績】I工務店様
2022年11月時点:個別相談1件、見込み客7名
LINE公式アカウントを運用開始、わずか1ヶ月半での成果です。
 
・個別相談までの流れ
LINE登録日に見学会予約
自動配信で追客
前日に自動でリマインダ配信
見学会参加後に個別相談
 
■予約管理機能を使う3つのメリット
予約を24時間受け付けられる
スタッフがいない時間や、
他のお客様の対応中などで今まで取りこぼしていた予約を、
予約管理機能を利用することで24時間365日対応可能になります。

また、お客様側も「電話が繋がらない」「空き状況の確認で待たされる」などの不満も解消し、顧客満足度がアップします。

人件費の削減が期待できる
予約時の受付専属の人を雇う必要がなかったり、
サービス中に予約の電話対応をする機会を減らせたりなど、
人件費の削減につながります。

予約キャンセルの抑止・低下
予約後の確定メールやリマインダ配信を使うことによって、
スケジュール忘れによる直前キャンセルや、無断キャンセルの抑止に繋がります。

LINEだとプッシュ通知で届くので、
お客様がメッセージを見逃すことも少なくなり、
事前に送る店舗までの地図や「ご来店お待ちしておりますね」などのメッセージもより効果的になります。

まとめ予約率アップが期待できる予約機能を使おう!
インターネットでの生活が中心になっている今は、電話をかけることにハードルを感じる方も中にはいます。

また、営業時間中は仕事や家事で忙しく、
予約の連絡を忘れがちな人にとっては、
電車での移動中などにオンラインで予約ができるのは非常に便利。
 
---------------------------------------------------------------------
◆今月のトピック
 
今回は、LINE公式アカウントへの運用メンバーの追加や権限の管理の設定方法をご紹介します。


【LINE公式アカウントは何人まで管理者を追加できる?】

LINE公式アカウントを運用する場合、複数人で管理・運用をすることが可能です。

その場合、公式アカウントに「管理者」を追加していくことになります。

1つのアカウントで、100名まで権限を追加することが可能です。


【管理者権限には種類がある】

LINE公式アカウントの権限には、「管理者」「運用担当者」「運用担当者(配信権限なし)」「運用担当者(分析の閲覧権限なし)」という4つの権限の種類があります。

管理者
「管理者」は、全ての機能を利用することが出来ます。

運用担当者
「運用担当者」は、【メンバー管理】が出来ません。

メンバー管理とは、当記事でご紹介している、管理者権限の追加や権限の変更などを行う機能です。

運用担当者(配信権限なし)
「運用担当者(配信権限なし)」は、
【メッセージ配信・タイムライン投稿】と【メンバー管理】が出来ません。

例えば、メッセージやタイムライン投稿のコンテンツの作成までは運用担当者(配信権限なし)が行い、
実際に配信を行うのは「管理者」や「運用担当者」、という役割分担をされている場合に利用されます。

運用担当者(分析の閲覧権限なし)
「運用担当者(分析の閲覧権限なし)」は、【分析の閲覧権限】と【メンバー管理】が出来ません。

分析では、

・メッセージ通数
・友だち数
・ブロック数
・チャット数
などを閲覧することが出来ます。

これを見せたくない場合には、運用担当者(分析の閲覧権限なし)を選択されると良いでしょう。
 

【LINE公式アカウントの管理者を追加する方法】

 
LINE公式アカウントの管理者を追加する場合は、「メンバーを追加」をクリックしましょう。
ポップアップで権限管理の画面が出てくるので、
追加するメンバーの権限の種類を選択し、LINE公式アカウントの管理者を追加するための「URLを発行」しましょう。

発行された認証用URLを追加したいユーザーへ共有してください。
(管理画面にはメールを自動送信する仕組みはありません。)

注意点としては、

認証用URLは発行から24時間で失効します。
一回の発行につき一人のユーザーのみ有効です。
認証URLは使い回しはできません。
追加されるユーザーも、LINEログインのためのメールアドレス設定をしておく必要があります。
受け取ったユーザーは認証用URLにアクセスすると、ログインを求められます。
ログインすると、アカウントリストに付与されたLINE公式アカウントが表示されています。

以上で、管理者権限の追加の設定は完了です。
 
◆住宅業界限定!無料セミナー開催のお知らせ
この住宅業界の課題をオンラインセミナーで解説しています。
 
詳しくはコチラをクリック!
 
 
■他社の事例を確認できる
当社のLINE公式アカウントに今すぐ登録!
【友だち登録】
お困りごともお気軽にメッセージを送ってくださいね。
一覧へ戻る