リフォームと戸建リノベーションの比較 

2019/07/1211:1615人が見ました

テーマは、「安い新築より高いリフォームがなぜ良いか?」ということです。

 

今回のお題は、リフォームと戸建リノベーションの長所短所をしっかりと比較してみるということです。

 

結論から言いますと、リフォームの工事内容で満足できるかどうかということです。これがリフォーム工事のポイントです。

 

そのリフォーム工事をやったはいいけれども、全然思った通りにならなかった、思い通りの使い勝手ではなかったなどということもよくありますので、内容をしっかりと理解していただきたいと思います。

 

リフォーム工事というのは、基本的には修繕・修復というような、元々あったものを元に戻すというような内容の工事になります。

 

長所としては、工期が短い。そんなに長くかかりません。

 

また、コストが安い。部分工事なので、あまりお金がかかりません。当然、仮住まいなどということも考えなくてよいでしょう。

 

このように、簡単に工事ができるというところが、このリフォーム工事の大きな特徴になります。

 

但し、欠点といたしまして、構造躯体の手直しができないという大きな問題があります。

 

お風呂の工事で、お風呂を壊したら柱が腐っていたなんてことがよくあります。しかし、その柱を抜いてしまうと、隣のLDKまでダメになってしまうので、腐ったままにしていいのかどうかという問題になることが非常に多いです。

 

そのため、リフォーム工事では資産価値が上がりません。建物の価値が上がらないというのが、リフォーム工事の欠点になります。

 

ただ単にお風呂を入れ替えたり、キッチンセットを入れ替えたというだけでは、生活スタイルは変わりません。家事動線などは全く何も変わらないですね。

 

これらのことが、それでいいのかというところがポイントになります。

 

リフォームで大事なことは、問題点の整理です。

 

今の家が寒いからといって、暖房器具を取り替えても何も変わりません。壁の断熱や、サッシも取替えなければならないなんてことになると、それは戸建リノベーションになります。

 

今回のお題は「リフォームと戸建リノベーションの比較」についてでした。

一覧へ戻る