自然素材 壁 漆喰について

2019/10/0410:22160人が見ました

住まいづくりの達人、一般社団法人住教育推進機構理事長の大沼です。

 

テーマは、「安い新築より高いリフォームがなぜ良いか?」ということです。

 

今回のお題は、「自然素材 壁 漆喰」についてです。

 

結論から言いますと、天然素材にこだわるなら、この漆喰はいいと思います。

 

この漆喰は、石灰にワラやスサを混ぜて、海藻などからできた糊を使って塗っていくわけです。

 

原材料が全部自然素材で、固める材料も自然素材ですから、すべて天然素材だけで仕上げることができるということです。

 

長所としては、ホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)を吸着・分解してくれるというところです。

 

また、呼吸する素材ですので、調湿効果があります。

 

脱臭効果もありますので、ペットを飼っていると、漆喰を塗りたいという方が結構あります。

 

短所としては、特殊な技術が必要になるというところです。

 

やはり左官屋さんの高い技術が必要になります。

 

今、左官屋さんがどんどん減ってきているので、この塗り手間のコストが非常に上がってきています。

 

また、漆喰は天候によって塗る時期を選びますので、工期的に時間がかかる場合があります。

 

施工費と工期によっては、コストが上がるということがあります。

 

漆喰の仕上がりとしては、皆さんツルツルした漆喰を思い浮かべると思いますが、近頃は、中に骨材を入れた、ちょっとザラザラしている漆喰もありますので、洋風のイメージにする場合は、そのような漆喰を使ってみてもいいと思います。

 

今回のお題は、「自然素材 壁 漆喰」についてでした。

 

YouTubeで動画をアップしていますので、興味がありましたらチャンネル登録をお願いします。

 

以上、住まいづくりの達人、大沼でした。

 

一覧へ戻る