予断を許さないコロナ禍の今、やるべきこと。

2020/03/2709:24760人が見ました

できることに集中する

 過日のWHOによるパンデミック宣言、そしてイタリアをはじめとする欧米諸国での国境封鎖と経済活動の凍結は新型コロナウイルスが中国の武漢で問題になった当初、誰も想像し得なかった緊急事態に世界を叩き落としました。日本は欧米諸国に比べて爆発的な感染拡大は抑えられているようですが、予断を許さない状況に変わりはないと思います。比較的、影響が少ないと思われた私達、建築関係にも様々な面で影響が出始めており、今日はとうとう、大規模リノベーション工事の現地確認、打ち合わせに行く日程を「新型コロナ禍が収まってからにしましょう」と無期限の延期になりました。出来るだけリスクを回避したいと思うのは人の常、今後、このようなことが続出するのも十分に考えられる事だけに改めて危機感を募らせました。

 時は金なりと言いますが、お金は常に時間軸とセットであり、受注が無くならなくても工事の着工から完工までのサイクルが長くなり、2ヶ月で回っていたのが4ヶ月になると売り上げは半減、固定費にかかる負担が増えて利益はさらに圧迫されます。今後の景気動向と共に先行きに不安が募りますが、心配ばかりしていてもしょうがない、今できる事に集中するしかありません。

 

今やるべきこと。

 世界がパンデミックに陥ったと認められた事で、人に会うのさえ憚れるような風潮が蔓延しつつある現在、あらゆるイベントや会合が中止されて私も随分と外に出る機会が減りました。誰しもがそうであるように、私も事務所や家にいる時間が増える事になり、捉え方を変えれば、今まで持ててなかった時間を使えるようになったという事になります。こんな時こそ外向きではなく内向きな活動を熱心に行うべきで、まずは先々のリスクに対応して資金集めをすべきでしょうが、それ以外にもすべき事はいくらでもあります。一例を挙げれば、読書や勉強などの自己研鑽の時間を持つのが良いのかも知れません。

 私もこのところ、今が好機とばかりに社内に目を向けて社内風土改革を推し進めるべく、意見をスタッフから募り、3月のチーム面談以降に取り組む社内改革の案を練ったりしています。こんな時だからこそ、内側を整える、社内整備や経営計画の基礎を担う人事制度に目を向けて未来に備えるべきではないかと思います。

 

チャンス到来!

 (私自身もですが、)出掛ける予定が無くなって時間が出来た!と言われる経営者の方にこのところ特にオススメしているのは、普段なかなか触ることのない人事制度の刷新と改革です。企業は人なりとよく耳にしますが、事業所で働く人の成長こそが企業の成長であり、それが望める社内体制を整えるのは業種を問わず経営の基本に関わる必須項目です。

 企業経営の一般常識としてまず初めに整備すべきは人事制度(賃金制度、等級制度、評価制度)の3本の柱と言われます。等級制度を従業員に示して、将来のキャリアプランを明確に示すのは人材育成の基本ですが、(建設業界では特に職人を雇用している)中小零細の事業者にはほとんど為されてないのが現状です。これまで何となく作っただけで、きっちりと運用されていないと思われる方に、この絶好の機会にその整備に着手されることを強くお勧めしています。

 

第8の習慣。

 世界で最も多く読まれたビジネス書「7つの習慣」の著者である今は亡きスティーブン・R・コビー博士が生前、日本での最後のセミナーに登壇された際、熱心に語られたのは、「第7の習慣の次に行うべきは、自分自身の内面に目を向け、心の中から発せられるボイスに耳を傾けろ」との提言でした。

 当時の私は、状況を変えるのは自分の内側からであるとのインサイドアウトをもっと深掘りする概念だと理解しておりましたが、今になって思えば、インナーブランディングの基礎である自分自身を含めた事業所の内部の声なき声に耳を傾け、顕在化していない問題点や課題、スタッフの要望を汲み取って、彼らがモチベーションを上げて働いてくれる環境を整えることに注力すべきだと言われていたのかもしれません。

 それは企業の成長、維持発展に避けては通れない重要な事項であると、新型コロナウィルスのおかげで気づかせてもらった気がします。いつ終わるかわからないパンデミックではありますが、この機会をインナーマッスルを鍛える充電する機会にして、パンデミックの収束と共に大きく飛び上がれるよう準備を整えたいと考えています。いつの時代も生き残れるのは強い者でも賢い者でもなく、変化に対応できる者。内面から変革するインサイドアウトへの取り組みを進められることをオススメします。

 

現場実務者向け人事制度改革のワークショップ行なっています。

現場戦力化 職人キャリアプラン構築ワークショップ  インナーブランディング#2

 実際に15年間に渡って大工の正規雇用を継続してきた工務店で運用、改善を繰り返してきた帳票やファイル等を公開しています。即活用できるエクセルシートを共有、チューニングしながら、即運用できる現場実務者に特化した人事制度構築のワークショップを全国で開催しています。職人育成に取り組まれている、もしくは今後、職人の採用、育成に注力したいと思われている経営者の方は是非ご参加下さい。
お問い合わせは一般社団法人職人起業塾まで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/contact/

 


職人起業塾オフシャルページ&無料メルマガ登録してください。

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトにセミナー、WS等の情報を集約しています。 原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 全12回の実践型現場マネジメント理論のpdf、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

良かったらお知り合いにご紹介ください。メルマガ【職人起業塾通信】無料登録はこちら https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg


 

一覧へ戻る