住宅会社の ”アフターコロナ・Withコロナ” 〜 WEB営業で迎え撃つ!〜

2020/05/2119:02179人が見ました

長期化する新型コロナウイルスとの戦いに、多かれ少なかれ誰もが不安を感じていることと思います。

 

世界的にしばらく完全終息する気配はなく、第2波、第3派の感染をも懸念される中、日本では急速に不要不急の外出やリモートワークが余儀なくされました。

 

そのような状況下の中でも、

実際、WEB営業を促進していることで、コロナ前とコロナ中の今、受注率や契約数は減りましたが、WEBを使って面談数や問い合わせ数をキープする努力をしているので、不安は少ない。と言う住宅会社があります。

 

面談数や問い合わせ数がめっきり減少してしまい多くの不安を抱える住宅会社と、一体何が違うと思いますか?

高価な買い物をする消費者にとって、実際に見もしない。会えもしない。で
「家」という商品を、カートに入れて購入する方は見たことがありません。

しかし、どうしても対面で行わなくてはならない事って、実は半分以下にできるとは思いませんか?

【認知・集客興味・関心・育成比較検討成約・アフター
この殆どの工程はWEBを使って行うことができますが、

特に注目すべきはオンライン&オフラインでの動画活用です。

そう、少し出遅れてしまったな。と感じている皆さん。
来店客減少の今こそ、必死にWEB営業や動画活用の準備をすべきなのです。

コロナ渦中、世界中の有名人やアスリートがYouTubeという動画共有サイトを使って、あらゆる情報の配信や交流をしています。

緊急事態宣言を受けて外出できない人々に、自宅での過ごし方を配信したり、今もなお医療現場で働く医療従事者の方々にエールを送ったりすることを、皆独自で動画を撮影して配信しています。

若い世代がテレビも見ない時代になった今、時代は変わったのです。

情報収集の手段や、問い合わせの方法もほぼスマートフォン1台で解決する時代に、WEB営業という戦略を推進しないのはナンセンスだとは思いませんか?

 

長引く自粛生活の中で、今まさに、住宅営業のWeb対応化が求められています。

もう終息を待ってはいられません!迎え撃つ戦略に取り掛かる必要があるのです。

 

WEB営業化には多くの準備が必要ですが、まずは自社のYouTubeチャンネルを見直すところからやってみてはいかがでしょうか。

 

一覧へ戻る