【特別編】その家に意味はあるか

2020/06/0412:43443人が見ました

 


※後半に動画を用意していますのでお楽しみに。

 

世界中で大パニックとなった新型コロナウィルス。
その環境変化によって
いくつもの価値観の変化が起きました。

例えばマスクの着用は日常になり、
お店に入ると必ずと言っていいほど
アルコール除菌スプレーが置いてある。

ウィルスから身を守ることに、
これほどまでに神経質になったことは
ありませんでした。



また、在宅勤務が推奨され会社に行く機会が減り、
家で過ごす時間が増えました。

在宅勤務の状況などは
よくTVで紹介されたりしていたので
皆様も見たことがあると思います。

そもそも在宅勤務できるような
作りにはなっておらず、
子どもに邪魔をされたり、
ペットに邪魔をされたり。

オフィスとの環境のギャップに
頭を抱えた方も多かったのではないかと思います。

#ステイホームということで在宅時間が増えたのに、
趣味を楽しむスペースもこの家には無い。
普段は週末くらいしか
家族全員揃うこともなかったのに、
毎日みんな家に居る。

この環境の中でポジティブな要素としては、
家族との時間によって絆が深まったと
思われた方は少なからず存在すると思います。



ただ、逆に家族が揃う機会が
毎日になるとストレスになってしまい、
かえって不仲になったり、
ひどい場合にはDVに繋がっているという
何とも悲しい事実が発生しているようです。

この原因はいったい何か。
もちろん新型コロナの影響が
トリガーとなったのは事実です。

それでも、家の造りが違ったら
結果も違うのではないでしょうか。
私はそう思っています。

住宅の性能は、国の方針もあり過去に比べて
かなりベースアップされてきました。

耐震性も断熱性も。

今は、もっともっと上げようということで、
基準以上の何かを求めて
日々試行錯誤が続いています。

全くもって性能には注力せずというのは論外ですが、
建築の仕事に誇りを持っている企業であれば、
ある程度の基準は既にクリアしています。
※専門家の皆さんから見るとまだまだというのは、
そこに対する偏りが大きいからだと
理解した方がいいと思います。



世の中に必要なのは調和です。
専門的にどれだけ鍛えても、
市場に求められないものは売れません。

売れないものは残念ながら無いのと同じです。
世界一強い家が一番売れたり、
世界一断熱性能が高い家が
一番売れたりすることはありません。

なぜなら、それを市場が求めてないからです。
その要素の中に、価格はどうか。
デザインはどうか。間取りはどうか。

などなど複合的な視野で意思決定します。
もちろん、それぞれのお客さんの中での
重要視する部分の比重に偏りがあるのも事実なので、
それがどの部分にあるのか
というのは必要なリサーチになると思います。

ビフォーコロナの環境では、
【デザイン×性能×価格=価値】
のようなイメージだったと思います。

しかし、このコロナによる環境変化や
心理変化は相当なもので、
今までの価値観と同じだと思って
事業を進めていくと痛い目に合うと思っています。

これからは【家に特別な意味】が求められます。
世の中はコロナによって変化しました。
お客さんの家に対する価値観も変化しました。

緊急事態宣言は解除されましたが、
またいつ来るかわからないという恐怖は続いています。
また在宅での日々が来るかも知れない。
これから家を建てる方なら、
今までとは検討する内容が変わります。

最悪の事態も想像します。
給与が下がったらどうしようという気持ちで、
ハイスペックな高価格商品を買うでしょうか。

DVにあったら怖いと思っているのに、
今までと同じような間取りを提案していて
業績は伸ばせるでしょうか。

皆さまご存じの通り、
『答えは顧客が持っている』です。
偏りなく考えてみると答えが見えて来るかも知れません。
その答えはそれぞれあると思います。

そろそろまとめます。

これからは意味を持たない家は
求められにくくなります。
それには『コンセプト』を明確にする必要があります。
その家が『どんな改善をもたらすものなのか』を
明確にすることが必要です。

『在宅勤務』=『仕事が思うように進まない』を
変えなければいけません。
『在宅』=『引きこもり』のようなイメージを
変えなくてはいけません。
『在宅』=『つまらない』を
変えなければいけません。



私が出したひとつの答えがこれです。
https://youtu.be/MmBf2Ir5Qj0

顧客は『変化』による『改善』に対してお金を支払います。
そして、その意思決定は
『サービス(内容)との妥当性』です。
このライフスタイルを提供するための
グループを立ち上げることになりました。

めちゃくちゃ面白いことになりそうです。
私は、コロナの時期を
かなり有効に使えたひとりだと思います。

では、また次回。

───────────────────

■遠藤真二/Instagram
https://www.instagram.com/craft_shinji_endo/
■遠藤真二/Facebookページ
https://www.facebook.com/Shinji-Endo-112516883811640/
■ハウスクラフトInstagram
https://www.instagram.com/housecraft.jp/
■ハウスクラフトHP
https://www.house-craft.jp/

───────────────────

 

一覧へ戻る