調熱と調湿

2020/06/0415:43205人が見ました

省エネの建築というと、「断熱」と「気密」が合言葉になっています。

しかし一方で、古代から使われてきた自然素材の優れた性質があります。

それは「蓄熱(調熱)」と「調湿」です。

自然の素材である「木」や「土」が持っている熱と湿度のバランスを取る機能、調整する機能は、人間よりもはるかに長く存続している自然のもっている「包容力」であり「問題解決能力」です。

現代人は、問題があるとテクノロジーに頼りがちです。テクノロジーが何でも解決するという迷信や傲慢さが、さらなる問題を生み出しているケースも多々あります。

自然を活かした、自然と共にの哲学による、シンプルで賢い、テクノロジーを使わないで済むソリューションが、建築の分野にもあります。
調熱と調湿を備えた断熱と気密が、持続可能な省エネで健康な建築のソリューションになります。

「森から建築まで」のテーマでオンラインセミナーを提供しています。

6月6日(土)16:00-17:30、「自然素材を活かした建築」というタイトルでオンラインセミナーを開催します。
よろしければ、お気軽にご参加下さい。

案内はこちらです。
https://sustainable-haus0606.peatix.com/view

一覧へ戻る