サステイナブルは気くばり -森から建物まで  集約版 ⑩+⑪ 国土を守るグリーンインフラ「森林」と「土壌」

2020/08/2602:5318人が見ました

サステイナブルは気くばり - 森から建物まで

集約版 ⑩+⑪ 国土を守るグリーンインフラ「森林」と「土壌」

 

2020年9月5日(土) 20:00-22:00
https://sustainable-greeninfra-wald-boden1.peatix.com   

 

レクチャー 80分  質疑応答 30-40分  参加費:1500円/人


日本が持つ大切な資産である「森林」と「土壌」。災害や気候変動から人と社会を守るグリーンインフラとしての機能と、それを維持、創出するために必要なマネージメントについて話します。

  • グリーンインフラとしての森林の保水/貯水機能
  • 各国の歴史にみる「皆伐」と「洪水・土砂崩れ」の因果関係
  • 土壌のダイナミズム ー土壌の複合的な生命の営み
  • 日本の土壌 ー 豊穣であると同時に繊細で壊れやすい!
  • 熱帯雨林と土壌 ー熱帯雨林はなぜ生物多様なのか?
  • 豊かな土壌の知られざる多大なCO2固定能力
  • グリーンインフラの観点での森林業と農業
  • 狩猟の大きな役割


講師  池田 憲昭 
森林環境コンサルタント 
ドイツ在住25年 日独の「架け橋」として、森林、木材、建築、エネルギー、農業などの分野にて活動
www.arch-joint-vision.com

主催:Arch Joint Vision 社 (ドイツ)  共催: Smart Sustainable Solutions 株式会社 (日本)

一覧へ戻る