【住宅会社のLINE配信のコツ】夏休み開催の親子向けイベント配信で即日満席に!

2023/09/1410:3732人が見ました

こんにちは。プロフィール株式会社の浅見です。
こちらのルームでは、住宅業界の皆様にとって有益なLINE活用の方法やデジタルマーケティングのポイントやコツについて、お伝えしていきます。

【夏休み開催の親子向けイベント配信で即日満席に!】

成功へのヒント
見学会や相談会の配信だけでなく
宣伝に寄りすぎない内容を一斉配信する
情報発信の内容を工夫しよう!

季節感を意識した”夏休み”という限定のテーマ、
住宅購入層のファミリー向けのイベントが効果的。
 
「友だち」登録者への一斉配信が重要ということは認知されていますが
実際に「活用方法がわからない」「運用イメージが湧かない」
などとお悩みの方も少なくないでしょう。
 
一斉配信の流れ
【1】簡単予約フォーム付きで一斉配信
~Point~
・テキスト文だけでは読みにくいので、イメージ画像付きで配信
 
画像をタップすると予約ができるように設定
→ユーザーはアプリを切り替える必要なく、
LINE上で予約を完結できるようになるため、
利便性を大きく向上させることができます。
 
・予約フォームには締め切りを設定し、
 締切後は入力できないようにする
 
リッチメニューのイベント情報にも、内容を掲載
→イベント配信以降に、トーク画面がその他のやり取りで見れなくなってもすぐに確認できる。
 
【2】予約完了者にはタグ付けをして管理
~Point~
・予約完了と共にタグを発行し、
数多くいる友だちリストの中で管理しやすくなります
 
・予約フォームに入力が完了すると、
自動でサンキューメッセージがお客様に届く
→営業時間外に急いで返信する必要なし!
 
【3】開催内容を改めてセグメント配信
~Point~
・イベント開催間近に、詳細案内を記載したテンプレート作成
 
タグ付けをした友だちにセグメント配信
→イベントに参加しない友だちには、配信されないように設定できる。
━━━━━━━━━━
 
いかがでしたか?

「みんなやっているから」と、何となく始めても
運用の軸がないため効果は出にくいでしょう。

LINE公式アカウントの便利機能を有効活用するためにも、
なぜLINE公式アカウントを作成・運用するのか、目的を明確にしておくことが重要です。
 
ぜひ今回の事例を参考に、LINEで集客力を"最大化"させましょう!
 
━━━━━━━━━━
 
ちなみに・・・”IT導入補助金2023”を活用してLINE公式アカウントを運用できます。
 

 

IT導入補助金の申請って面倒だと思っていませんか?

・必要書類が沢山あって準備が大変そう
・準備から申請まで時間がかかる?
・過去に補助金申請で大変だった経験がある

しかし、IT導入支援事業者に代行を頼むと
とっても簡単に申請を通すことができます!

申請は当社が全て行います。
当社の採択率は100%です。

そして、申請締切が10月頃まで伸びました
※締切日の確認は要連絡

申請費用は、採択されなければ一切いただきません。
完全成功報酬なので、申請企業にリスクがありません。

補助金に関するご相談もお気軽にお問い合わせください!
 
▼▼まずは、ZOOMでの個別セミナーにご参加ください▼▼
 
一覧へ戻る